メールソフト設定

メールサービス > メールソフト設定 TOP


■【POP】

Windows10(POP) Windows Liveメール(POP) Windowsメール(POP) Outlook2013(POP) Thunder bird(POP)
Outlook Express(POP) 秀丸メール(POP) Mac Mail(POP) Android4系(POP) i os7(POP)

※POPとはサーバにあるメールをパソコン等の端末にダウンロードして、ダウンロードしたメールを管理する仕組みです。
メリットとしましては、メールサーバーに常時接続をせず、端末にダウンロードしたメールを管理しますので、削除・移動等の作業を素早く処理することができます。また、パソコン等の端末にメールをダウンロードしますので、端末の容量が許す限りメールを保存しておくことができます。
デメリットとしましては、メールを受信した際に、通常はメールサーバーからメールは削除されますので、複数の端末でメールを管理する場合は使い勝手が悪い場合があります。また、複数の端末で受信が重なった場合はロックがかかりますので、同時に複数台での受信を行うことはできません。
上記からナローバンド接続環境の場合や、1台のPCでメールを管理する場合、法人での利用の場合に向いています。


■【IMAP】

Windows10(IMAP) Windows8(IMAP) Windows Liveメール(IMAP) Windowsメール(IMAP) Outlook2013(IMAP)
Thunder bird(IMAP) Outlook Express(IMAP) 秀丸メール(IMAP) Mac Mail(IMAP) Android4系(IMAP)
i os7(IMAP)

※IMAPとはサーバにあるメールをパソコンやスマートフォン等の端末にはダウンロードせず、サーバ上でメールを管理する仕組みです。
メリットとしましては、サーバ上でメールを管理しますので、複数の端末で開封等の状態が共有でき一元管理することが出来ます。外出先ではスマートフォンでメールを閲覧し、家ではスマートフォンで閲覧したメールをパソコンで長文のメールを作成する等の利用が安易になります。
デメリットとしましては、メールサーバーの容量制限(現在は5GB)に達した場合、古いメールや不用なメールをサーバ上から削除しなければ、新規に送られたメールを閲覧することができなくなります。なお、端末にメールを保存していないため、サーバから削除したメールを閲覧することはできなくなります。また、サーバに接続して管理しますので、インターネットの接続環境によっては、レスポンスが悪いと感じる可能性があります。
上記からブロードバンド接続環境で、複数の端末でメールを管理する場合や、個人で利用する場合に向いています。